オレンヂ

RSS

 だが、ソフトバンクがつながりやすさを示す指標として掲げる「エリアカバー率」は99.99%。ほぼ100%なのになぜ、つながらないとのクレームが絶えないのか。

 実はソフトバンクが言う「99.99%」にはウラがある。ソフトバンクの公表値は、市町村内の「役場」に電波が届いてさえいれば、その市町村の全域がカバーできていると見なした計算となっているのだ。大部分で通じていなくても、役場でさえ通じれば、その市町村のどこででも通じるとする解釈は、実際の通話エリアとの大きなズレを生みやすい。

 ソフトバンクも「われわれの公表値と『体感値』にズレがあるのは承知している」(広報)とカバー率と現実の乖離(かいり)を半ば認めている。

 これに対し、例えばKDDIは日本全土を1キロメートル四方のメッシュに区分し、人が住んでいる区画ごとに電波が届くかどうかを計算し、そのうえで「99%超」と公表している。「利用の実態になるべく即した算出法」と説明する。同じ数字でも、ソフトバンクとKDDIでは、ものさしが違っている。

- プラチナでも不安? ソフトバンク見限った大口顧客  :日本経済新聞 (via deli-hell-me)